2018.04.20 SAORI UEDA

久しぶりに地域にふれて・・・

こんにちは!

ジュエルの上田です(*^◯^*)

今月初め、私の家の町内で

お宮さんを新しく建て直した時に、

式年遷宮と言って、旧殿から御神体を移す

とても大事な行事が行われました!

前回の遷宮は、私が母のお腹の中にいた時で、

記憶もある訳なく、初めての行事でした(*´꒳`*)

父と、兄は朝8時前から御神輿を担ぎに

出て行きました!

私は、お家でお客様お出迎えの準備(`・∀・´)

ひと段落した所で、家の前に御神輿到着(*^◯^*)

町内、55戸全部を御神輿を担いで男性陣が

回って来るのです(`・∀・´)

とても天気が良い日だったので、暑そうでした!

こんな御神輿です!

私は、すぐ家に戻り、次はご飯の準備(`・∀・´)

お祝いの席なので、一の膳、二の膳のある

鯛の料理です(*^◯^*)

お宮での、祝いの餅投げから皆んなが戻って

来ると、沢山のお餅を持って帰って来て

くれました(*´꒳`*)

俵のお餅と、祝の大きいお餅を持って帰って来るから、ビックリです(*^◯^*)

この後は、皆んなで宴会でした(*´꒳`*)

中々、普段では味わえない行事を

町内の皆さんと一緒に頑張って作り上げて行く

と言うのも、時には良い物だと思いました(‘-‘*)

コメントする
2018.04.19 CHIEKO TAKENAKA

福祉ネイリストに向けていよいよスタート!

皆さまこんにちは竹中です

いよいよ山陰初の福祉ネイリスト認定校に4人の生徒さん達が学びにきてくださいました

東は倉吉から米子、境港、お隣の島根と皆さまそれぞれの思いで福祉ネイリストになる為に集ってきてくださいましたーー。

なんで福祉ネイリストになりたいですか?の問いに

皆さま様々な熱い思いがあり、共通して感じた事は

福祉施設においてネイルを通じ使用者様を笑顔、元気になって頂けるお手伝いをしたい!との事でした

山陰にこんな福祉ネイリストが増えて行く事で、高齢者の方々が元気で毎日を楽しく過ごして頂けたら、そのお手伝いができたら幸いです

サロンに足を運ぶ事が出来ない高齢者福祉施設や身障者施設に出向きサービスを行うことができるよう!必要とされるよう!待ってたわ!と言われるような福祉ネイリストを育成して参ります

皆さん第1期生として頑張ってくださいね!

コメントする
2018.04.19 ATSUMI FUJIHARA

法事を終えて想ったこと。

皆さんこんにちは!

ジュエルの藤原です(*^▽^*)

 

先日おじいちゃんの7回忌を終えました。

おばあちゃんが一年も前から計画を立て、この日の為に色々と考え、

一ヵ月前くらいからは「なんだか法事が終わらにゃせわしていけん」とそわそわしていました(´・ω・)

 

その行動の意味を後に知ることになる…。

 

 

 

朝、8時に家を出て実家に向かうとせっせと働くおばあちゃん。

前日から泊まって手伝おうか?と聞いてはいたけど

「子がおりゃ手伝いも出来んし前日から泊まられたら散らかーけー朝おいで」と言われ ごもっとも…(._.)

 

次々と親戚も集まる中、

赤飯とおこわを作って 途中でコーヒーを出して お寺に行って準備して…

足も痛くてひきずるおばあちゃん。

 

ドタバタの中 みんなで次々とお寺へ向かいました。

 

今はお寺も椅子が用意されるようになったんですね!

私の母が亡くなった時(10数年になります)のお葬式で

正座が苦手な私はお焼香で立ち上がる時に足が痺れて立てずにずっこけて笑いをとったという経験があります…(._.)

 

そんな私にとっても 足の痛いおばあちゃんにとっても

椅子はとってもありがたかったです(*^▽^*)!!!

 

長男はとーさんの膝の上、次男はわたしの膝の上で最初はじっといいこしていましたが

すこしすると次男は一緒にお経を唱え始める…

眠たくてやんちゃがでる…

途中から立ち上がってゆらゆらしていたら寝たのでホッとしました(._.)

 

母親と同級生で以前から親交のある和尚さんなので

「うるさくてすみません」

というと 「あれくらいなんてことない!泣いたりばたばたしてもいいからこういうところに拝みに来てくれることがご先祖様にとってもいいことだよ」と言ってくれて

長男はお経を唱える際に鐘を一緒にたたかせてくれ、

皆でしっかりと供養ができたかなと思います。

 

和尚さんは、

「故人を想うと、後悔やあまりよくないことばかり思い出しがちだけど 良かったことも想い、仏壇やお墓で手を合わせるときはお願い事ではなくありがとうの感謝を想いなさい。そして無心で念仏をとなえること。」

 

わたしのおばあちゃんが昔から仏様をとっても大事にしているのを見ていたので

私も無条件でいつも仏壇に向かうときは南無阿弥陀仏をとなえます。

 

おじいちゃん、お母さんに

今の私に出来ることをきちんとしてあげたい。と改めて思ったと同時に

2人に恥じない人間になりたいと思えた時間でした。

 

 

お寺での拝みを終え、日吉津のうなばら壮へ向かい昼食でした。

そこでのおばあちゃんの挨拶からはじまり、あいさつの最後に

「これが私にできる、最後の法事だと思います。」と泣きながら言い、乾杯をしました。

 

 

 

だからこんなに頑張ってたんだ。

 

 

おばあちゃんは自分よりも相手の事を想って行動できる人。

私にもたくさん…本当にたくさんのことをしてくれたし

身内にも、近所の方にも

私の旦那や子供にも…。

 

自分の事で精いっぱいで他人になかなか目を向けれない、気が利かない私にとって

本当に尊敬できる人です。

 

 

なかなか真似をすることは難しいけど少しでも…近づけていけたらなと思います!!!

 

 

 

 

 

 

 

…なんだか久しぶりに自分なりの長文ブログになりました(笑)

文章書くのが苦手な私なので体力? 気力? 使いました(笑)

 

 

そして

法事中はばたばたで写真も何もなかったので

この一枚を…♪

 

 

 

 

 

毎年お誕生日に会社からいただくお花です(*^▽^*)

12月生まれなのでお花の持ちがよく、

ずっと飾っていたらドライフラワー?みたいになったのでそのまま100均のしょうゆさしに入れて飾らせてもらってます(^^♪

 

お花や植物があるっていいですよね(*^▽^*)

 

 

 

毎日があっという間にすぎていくので

心に余裕をもち、

後悔なく、一日いちにちを大事に過ごしていきたいです( ◠‿◠ ) 

 

法事を終えて想ったこと。 はコメントを受け付けていません。
GO TO TOP
お気軽にご相談ください 0859-33-1911