2019.11.29 / ジュエルブログ

アートチップアワード2019Autumn②

前回の続きです☆

 

今回は金魚をメインに描いていきます!

Japanese orangeというテーマなので

金魚の鮮やかなオレンジが日本らしいかなと思い決めました🐠

 

まずは金魚の土台から~~~~

金魚を描く前までに描き込んだ土台のアートの間に

ジェルを重ねた厚みがあるので奥行き感のあるように見せていきます。

 

こんな感じで徐々に描き込んでいきます。

尾ヒレがふわふわの種類の金魚が描きたかったので

ヒレは透け感を持たせていきます。

 

ある程度形が見えてきたら細かい部分まで描き込みます。

なるべくリアルに見せていきたかったですが

わたしの画力がまだまだ足りない為超リアルには難しかったーー😅

画像下に書いてある通り、深堀隆介さんという金魚絵師の方の作品が

金魚が本当に生きているみたいでとっても好きでなので

参考にしながら書いてみましたm(__)m

 

そして金魚はこんな感じで最終形↓

 

紅葉の浮かんでいる水面を金魚が泳いでいるみたいに(*^^*)☆

裏には金箔を入れて光の当たる角度によっては

さり気なくキラキラするようにしてみました。

裏面↑

こんな感じでほんの少しだけ見える感じです(^^)

ちなみに紅葉も更に追加しました笑

 

 

次でラストです!

ラストはチップ回りの装飾についてのブログになります(^^♪

 

 

—– ますだ ひとみ —–

 

 

2 件のコメント

  • takenaka nobuyuki より:

    人が気付かないところでの苦労が
    ストーリーにすることでリアルに伝わってくる。

    出来上がった作品の価値は
    こうした物語を添えるとより高まるのではないだろうか。

    金魚たちの声…
    何を伝えようとしているのだろうか…。

  • 堀江美海 より:

    深堀隆介さんの作品ググってみましたが想像を超える凄さでした!!

    でも、増田さんは紙ではなく爪という狭い幅の中でここまでリアルで
    泳いでいるかのような金魚がかけるなんて本当にすごいと思います(>_<)

コメントを残す