2018.04.21 CHIEKO TAKENAKA

認知、痴呆症の研究者

皆さんこんにちは竹中です

本日は楽しみにしていた認知症、痴呆症の研究者でもある理学療法士

岡山国際吉備大学の佐藤教授の講習会に生徒と一緒に大阪へ行ってまいりました!

これからますます高齢化社会となり、10年後には私達ネイリストの職業が無くなるとも言われています

それは少子化により、ネイル人口が減るからです

しかし福祉ネイリストの需要はこれから重宝される時代になる!

と佐藤教授はおっしゃっいます

これから若者が減り、高齢者が増えると税金が減る為

行政も高齢者にかかる費用はなるべく減らしたい

そうなると高齢者に健康になって貰うしかない

認知症や痴呆症改善の為にネイルを施す事でメンタル面、フィジカル面でクオリティオブライフの数値を高める事ができたらこれは元気に繋がること!

そして、福祉ネイリストがこれからの時代とても重宝されるようになり、行政も喜んでくれる時代が来る!

私も福祉ネイリストの皆さんの仲間に入れて頂き共に歩んでいきましょう!と言って下さり

とても心強い講習会でした!

そして理事長からの紹介で

すでに福祉ネイリストさんになられていた安来の福祉関係の方とお会いする事が出来、また1人仲間が増えましたーー

仲間がいるって素晴らしいーー

嬉しいーー

どんどん山陰を盛り上げていきましょう!

5年、10年後今の福祉ネイリストメンバーが凄いことになりそうです!

1 件のコメント

  • 祗園 より:

    とても興味深い勉強会ですね!私も聞いてみたかったです(*^▽^*)
    様々な分野から情報を得て、ネイルの未来を考えたとき、衰退するのではなく、活動の方向で今後どんどん必要とされる時代が来ますね!

GO TO TOP
お気軽にご相談ください 0859-33-1911