2017.09.11 CHIEKO TAKENAKA

福祉ネイリストアワード

皆さんこんにちは 夜になると虫達が音楽を奏でてくれる秋になりましたね🎶 母が倒れてから役1ヶ月が過ぎました 相変わらずの病院通いなのですが お陰さまでリハビリにまで漕ぎ着け 辛いリハビリに頑張っております そんな中昨日、大阪にて行われた 『福祉ネイリストアワード』というのに参加させて頂きました どんな活動をされてるかといいますと 病院や施設に訪問し、そちらでケアをしたりマニキュアを塗ってあげたり、マニキュアがダメな人にはケアやマッサージをしてあげるというネイルのお仕事なんです

 

高齢社会の現代 痴呆や脳梗塞などで施設に入ってらっしゃる方が多いですよね! その方たちを長年研究されている岡山吉備大学の教授がネイルに注目されたんです‼️ ヘヤーやメイクは鏡がないと自分を見る事ができないが、ネイルをしてあげる事で綺麗になった爪をみて 次第に笑顔になり、話さなかった人が有難う!と言うようになったとか とにかく統計をとると凄い成果が上がってるらしいんです

関西で、もともと作業療法士さんで芸人にもなりたくて田舎から出てきて吉本に入り それだけでは食べていけないので本職と掛け持ちしながら芸人をされてた方がゲストで来られており話してらしたのが、 ネイルをして貰ったおばぁちゃんの脳を見ると脳血流量が凄く上がる⤴️ その時の脳は恋愛をしている時の脳と同じくらいになるらしいのです

ネイルの力って凄いとおもいませんか? そして10月には岡山の教授と福祉ネイリスト代表がニューヨークに渡米し、 痴呆の方々にネイルが効果的なのが証明された事を発表されるという素晴らしいお話もありました 懇親会でお会いしお友達になった先生方の色々なお話しが聞け大変勉強になった1日でした    続く 

(null)

(null)

(null)

(null)

5 件のコメント

  • takenaka nobuyuki より:

    日本の課題を逃げないで正面から取り組む必要があります。
    自分たちの技術や知識が社会で役立つことは大変素晴らしいことです。

    若い世代が積極的に参加されている姿を見て、
    私たち大人が「自分の幸福」のみを追いかけていては、
    本当に申し訳ない限りです。

    「社会に必要とされる美容文化の確立を目指します」
    これがCUTCLUB&JEWELの理念です。

    私たちも前向きに取り組んで参りましょう!

  • 祗園 より:

    心身ともに元気でおしゃれを楽しみに来てくださる方にはお店でお待ちしています(*´ω`*)と言えるけれど、お店にいらっしゃれない方には、私達は何もできない。
    でも、何かして差し上げられることはないのか、考えるきっかけになりました。
    また、詳しくお話を聞けるのを楽しみにしています。

    • 竹中 千恵子 より:

      意外と若い方達が多いのと、看護師さん、作業療法士の男性、保険屋さんなどが三級を取得し活動されてるのにはびっくりしました

  • 藤原 淳美 より:

    初めてネイルをして頂いた時の感動は今でも鮮明に覚えています。
    ネイルの力って凄いですよね!
    私達にもなにかお手伝いが出来ればうれしいです!

    • 竹中 千恵子 より:

      これから勉強していこうと思います

      また皆さんのご協力宜しくお願い致しますm(__)m

GO TO TOP
お気軽にご相談ください 0859-33-1911